男性が脱毛を起こしてしまう原因として多いのがAGAであり、男性ホルモンが過剰になってしまっていることが原因で起こります。

AGA治療をする上ではプロペシアという薬を飲む治療がよく行われますが、これはAGA治療に特化した薬です。男性ホルモンと呼ばれるテストステロンは頭皮でジヒドロテストステロンに変換されます。この変換過程を阻害することができるのがプロペシアです。

ジヒドロテストステロンは育毛サイクルに働きかけて髪の毛が生え育たなくするように働きかけてしまいます。そのため、ジヒドロテストステロンを減らすことでAGA治療が達成されるのです。

しかし、男性の脱毛の原因は全てがAGAというわけではなく、プロペシアが効かない人もいます。また、効果が表れるまでには数週間から数ヶ月を必要することもあるのです。それに対して増毛は原因がAGAであるかどうかにかかわらず、すぐに髪の毛を増やすことができる点が優れています。

一日でも早く髪の毛を増やしてフサフサの状態にしたいと考えたら薬を飲むよりも増毛を行った方が良いでしょう。誰でも確実に効果を実感できるのが増毛のメリットです。脱毛の悩みを抱えているなら増毛をまず検討してみましょう。

The following two tabs change content below.

最新記事 by 江波戸豊明 (全て見る)