男性型脱毛症は遺伝子の影響を受ける事で体内の男性ホルモンと体内酵素が結びつき、男性ホルモンが脱毛を促す強制脱毛ホルモンのDHTに変換される事で生じる薄毛です


DHTはヘアサイクルを乱す性質があり、生えて来た髪の毛に対して休止期に入るような指令を出し、髪の毛が生えて来ても3か月足らずで抜けてしまうと言う事を繰り返してしまう脱毛症です。


女性の薄毛の一つにびまん性脱毛症と呼ばれている薄毛がありますが、これは女性男性型脱毛症やFAGAと呼ばれている女性特有の薄毛で、男性型脱毛症の女性版と言った薄毛になります。


男性型脱毛症の場合は、そのままにしておけば全ての毛が抜けてしまう恐れがありますが、女性の薄毛のひとつでもあるびまん性脱毛症は女性ホルモンの働きにより男性のようにすべての毛が抜けてしまうことはありませんが、そのまま放置しておけば薄毛の範囲は広がる恐れがあるため早めの治療が大切です。


尚、男性型脱毛症の場合はプロペシアと呼ばれている医薬品を服用することで5α-還元酵素を阻害し、薄毛の症状を作り出すDHTと言う強制脱毛ホルモンを抑制することが出来ますが、プロペシアは女性の薄毛に対する作用がないこと、妊娠中や妊娠の可能性がある女性などが服用することで胎児に悪影響が、生じる事からも女性には処方することが出来ません。
しかし、当店では副作用などの心配がない結んで増やす増毛でびまん性脱毛症などに対してのアプローチをおこなっています

当店の増毛にご興味ある方はお気軽にお電話ください

The following two tabs change content below.

最新記事 by 江波戸豊明 (全て見る)